運営組織 – デジタルファブリケーション協会について


ファブラボ渋谷は、「一般社団法人デジタルファブリケーション協会」にて運営しています。

英語表記:DIGITAL FABRICATION ASSOCIATION

デジタルファブリケーション協会とは、2013年10月に設立された、一般社団法人です。
デジタルファブリケーション(以下、デジファブ)の普及及び啓発を目的に、各種事業を展開しています。

「ファブラボ」という世界的な試みに共感したメンバーが集い、2012年11月に任意団体の形態により「ファブラボ渋谷」をスタートさせました。地域にひらかれた工房として運営をすると共に、ファブラボの日本型の社会への定着と持続可能性について試行錯誤を続けています。より力強い活動を行えるよう、2013年10月にデジタルファブリケーション協会として法人化をいたしました。同年、株式会社ロフトとの協業で西武渋谷店モヴィーダ館7Fにデジタル加工工房&Fabを開店。その後も、コラボレータと共にファブラボ/デジファブの日常化した未来をプランニングしています。

代表理事

  • 梅澤陽明(UMEZAWA, Hiroaki)

理事

  • 伊東祥次(ITO,Shoji)
  • 広瀬郁(HIROSE, Iku)
  • 堀江賢司(HORIE, Kenji)

設立

  • 2013年10月11日

主な事業内容

  1. FabLab Shibuyaの運営事業
  2. デジタルファブリケーション施設などの運営管理事業
  3. デジタルファブリケーションに関する認定、検定事業
  4. セミナー、イベント、講演会等の企画、開催、運営
  5. 関連する調査研究事業
  6. その他

製作事業-Product Development
●Category “Product”
●co-factory

運営事業-Management
●デジタル加工工房&Fab(collaborate with ロフト,良品計画)
●品川のクリエイティブラウンジ
●湘南ラウンジ-FabSpace-(collaborate with カルチュア・コンビニエンス・クラブ)
●FabLab FUJISAWA

教育事業-Education
>>●デジタルファブリケーションスキル講座(オリジナル)<<
●HANDS Fab(client 東急ハンズ広島店)
●CAINZ工房(client カインズ)