【FAN3 Report】初インド!(Day 0~1)


1/12~18までの1週間にわたって開催されたFabLabアジア会議(FAN3)
FabLab Shibuyaからは井上と山本が参加しました。
本日から1日ずつ、交代で現地のレポートをお送りします!


DAY0 (1/12)

こんにちは!
&Fab梅田店店長の山本です!

成田を出て約10時間、井上さんと私はインドのムンバイに到着!私はさっそくインドの洗礼を受けることになりました。空港のそばからタクシーに乗り、走ること約5分。大通りの真ん中で停車しました。宿へ向かう途中で両替所へ寄ってくれることになっていたのです。よくわからないまま降車したところ、井上さんから「そこでこのまま車を見てて、と言ってる」とのこと。

!!!

車線や信号もほとんど機能せず、車・バスやリクシャーが我先にと車線変更を繰り返しています。その真ん中で置き去りにされることの不安感!両替を終えて運転手さんと井上さんが戻るまでの間、身体のスレスレをリクシャーが走り抜ける度にヒヤヒヤ、こちらへ向かってくる車たちのクラクションの度にドキドキして過ごしました。


DAY1 (1/13)

FAN3ムンバイ編がスタート。
この日は各FabLabの近況レポートと、参加者主催によるワークショップです。
各拠点レポートで、Shibuyaは昨年実施したプロジェクトを紹介しつつ、1/20に開かれたFab Safe Summitについて近況報告しました。

私にとって刺激的だったのはFabLabTaipeiのJCによるワークショップでした。その内容は「プロジェクトを考えるときに必要な9つのTips」。インドでビジネス講座のようなワークショップが受けられるとは思ってもみませんでした。

FabLabではいつでも互いに情報をシェアしあっています。あるときには先生であり、あるときには生徒として課題に取り組みます。このワークショップを通して、FabLabの横のつながりを体感しました。それは、普段&Fabにいると実感することがないので、FabLab的体験に心躍っていたのでした!

文・山本

2017-02-04 | Posted in ReportNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment